本格的なたこめしが自宅で好きな時に食べられる、贅沢ご飯の素
瀬戸内たこめし
タケサンフーズ株式会社
瀬戸内海で獲れたタコの切り身を小豆島特産の本醸造醤油を使い、釜めしの素にしました。お米2合を水で洗い水切りして下さい。釜にお米・野菜・具・調味液を入れて下さい。2合の目盛りまで水を入れ、更に約100cc加水し切り昆布を入れ炊き上げて下さい。
本格的なたこめしが自宅で再現できる。万人に喜ばれるが準備の大変な炊き込みご飯を、袋を開けるだけで手軽に作ることができる。しかも保存もきくので急な来客の時などに重宝しそう。
・家族での夕食に
・来客時のシメのごはんに
・お弁当、おにぎりに
・イベントや行事の時に
瀬戸内たこめしを使った
瀬戸内たこめしピラフ
和食のイメージが強いたこめしですが、実は洋の東西問わず楽しめるのです!炊き上がった「瀬戸内たこめし」をガーリックオイルで和えてレタス包みにします。
(3~4人分)
「瀬戸内たこめし」:1袋
米:2合
レタス:1/2個分
ガーリックオイル:大さじ2
パプリカ(飾り用):少々
  • 1. 袋の表示通りに「瀬戸内たこめし」を炊き、炊き上がりにガーリックオイルを加えてよく混ぜる。
  • 2. レタスをカップにみたて、1を盛り、5mm角に切ったパプリカをのせる。
管理栄養士・5 A DAY 食育インストラクター・チーズマスター
料理研究家
管理栄養士・ヘルスフードカウンセラー
準備が大変な炊き込みご飯を、開封するだけで気兼ねなく作ることができるので、非常に助かります。
簡単にできておいしいです。
保存がきくので、1度試してみたいです。急な来客にも、これがあると助かると思います。