審査からレシピ開発まで。
「フード30選」はこのように選ばれています。
「スーパーマーケットで買いたい!フード30選」は、スーパーマーケット・トレードショーに出展された商品の中からエントリーを受付け、一次審査、二次審査を経て、消費者目線で「買いたい!」と思う商品を30品選出する企画です。
エントリーから審査、そしてレシピ開発に至るまでプロセスをご紹介します。
審査からレシピ開発まで
1. エントリーについて
1. エントリーについて
2月に行われるスーパーマーケット・トレードショーに出展される商品の中から、エントリーを受付けます。
前回は、609品のエントリーを受け付けました。
2. 一次審査(書類審査)
エントリーされた商品情報に基づいた書類審査です。
審査内容は、①商品コンセプト、②味、③量・ボリューム、④価格、⑤パッケージ、⑥食卓・調理場面での使い勝手の項目を中心に審査を行います。
スーパーマーケット・トレードショー運営事務局が選定した管理栄養士、料理研究家、一般消費者が審査を行います。
3. 二次審査(試食、および商品パッケージによる審査)
3. 二次審査(試食、および商品パッケージによる審査)
二次審査では、実際に試食を行い、味の評価も行います。
また実際の商品パッケージを手に取り、パッケージデザイン、使い勝手などを確認しながら審査を行います。
最終的には、「スーパーマーケットで買いたい!」と思うかどうか?の総合評価で、30品を厳選します。
4.「スーパーマーケットで買いたい!フード30選」決定!
5. レシピ開発に向けてのヒアリング
5. おすすめレシピ開発
「フード30選」に選ばれた商品を使って、ご家庭で簡単にできる「おすすめレシピ」の開発を行います。ヒアリングした情報を参考に、①簡単に調理できる、②商品の特長を活かしたレシピを、何度も試作を繰り返しながら、開発していきます。
調理力で健康!プロジェクト
「調理力で健康!プロジェクト」を運営する、株式会社リンクアンドコミュニケーションが協力しています。
6. スーパーマーケット・トレードショーでの展示紹介
6.スーパーマーケット・トレードショーでの商品PR
スーパーマーケット・トレードショーの会場内にて、選出商品を一堂に揃えた展示や、選出された出展者の各ブースに「おすすめレシピ」と商品を掲載したレシピカード等をお届けします。
また、ステージにて選出商品のご紹介や企画に連動したディスカッションを実施します。
スーパーマーケット・トレードショー
調理力で健康!プロジェクト