よもぎがふわっと香り癒される。クセがなく後ひく味わいの和紅茶
発酵よもぎ紅茶
お茶のカジハラ
無農薬で栽培した茶葉と自園で採れたヨモギを、一緒に揉み込み発酵させ紅茶にしました。ヨモギ健康法という健康法があるほどヨモギには沢山の効能が期待されています。紅茶と合わせることで、ヨモギだけのお茶より苦みが軽減され、飲みやすくなります。
よもぎのやさしい風味がクセになり後をひく。よもぎというと、苦くてクセが強いイメージでしたが、紅茶とブレンドすることで、とても飲みやすくなっている。ティーバッグなのも便利。
・食後に
・ティータイムに
・ほっと一息つきたい時に
発酵よもぎ紅茶を使った
発酵よもぎ紅茶ゼリー
「発酵よもぎ紅茶」に砂糖を少々加え、ティーゼリーにします。さっぱりしているので、食後のデザートにぴったり。お好みの型に入れて、かわいくアレンジしてください。
(作りやすい分量)
「発酵よもぎ紅茶」:500ml(浸出液)
粉ゼラチン:10g
砂糖:大さじ2
ミントの葉:適宜
  • 1.熱湯を注いで浸出した「発酵よもぎ紅茶」に砂糖を加えて溶かし、熱いところに粉ゼラチンをふり入れ、よく溶かす。
  • 2.粗熱を取ったら、型に入れて冷やし固める。
  • 3.型からはずして器に盛り、ミントを飾る。
栄養士・フードスペシャリスト・フードコーディネーター・食育インストラクター
管理栄養士
フードスタイリスト
よもぎ紅茶と聞くと、クセがありそうですが、クセもなく飲みやすいです。
紅茶+よもぎがこんなにも相性が良いなんて衝撃でした!さらにティーバッグで売られているのも買いたいと思う要因の1つです。
よもぎというと苦いイメージですが、ふんわり飲みやすいです。